映画「アキハバラ@DEEP」公式サイト


2006年9月2日より公開された
春馬くん出演映画「アキハバラ@DEEP」の公式サイトですが、現在は閉鎖されています。
(※ TBSでドラマ化された際の公式サイトは残っているようです。)

一番公式に近い?情報はこちらのブログになります。
http://akiba-at-deep.blog.ocn.ne.jp/akiba/

その他参考になるサイトをいくつか紹介します。

http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=7163

・http://www.toei-video.co.jp/DVD/sp21/akihabaradeep.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%83%8F%E3%83%90%E3%83%A9@DEEP

http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id325153/

http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD9313/index.html

http://movie.walkerplus.com/mv35721/

 

【映画アキハバラ@DEEPについて】

 

◆ ストーリー (シネマトピックスオンラインより引用)

 世界の電脳中心地<アキハバラ>
そこは、最新AV機器から胡散臭いジャンク商品までが揃う、世界最大にして最強のエレクトリック・マーケット。
今では“アキバ”の名称で親しまれ、日本独自のポップカルチャーをも生み出す流行の発信地として注目を浴びている。

物語はそんなアキハバラに、社会からドロップアウトした5人の若者が“ある出来事”をきっかけに偶然出会うところから始まる。
彼らは、自分たちの人生に再チャレンジするべく小さいながらもベンチャー企業を設立。

IT業界を騒然とさせる革命的な検索エンジン“クルーク”を開発するが、初めて自信を持ちアツクなれるものを見つけたそんな彼らの前に、巨大IT企業の悪の影が忍び寄る・・・。
金と権力がすべての理不尽な社会に、彼らは全てを投げ打つ覚悟で仲間とともに人生初の大勝負に出る!
 

 個人的な感想を付け加えると、途中ちょっと食欲が減退するような気分が悪くなるような
シーンがありました。
ストーリーが変なわけではないのですが、人によっては映像が苦手かもしれないです。

◆ 出演者・監督

出演: 成宮寛貴, 山田優, 忍成修吾, 荒川良々, 三浦春馬 ,
    佐々木蔵之助,寺島しのぶ,萩原聖人

監督: 源孝志
 



2010年08月13日 11時43分 | コメント/トラックバック(0) | トラックバックURL |

カテゴリー:映画

次の関連記事がよく読まれています。

人気記事

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ