スタッフレポート:本番まで…あと一ヶ月!


三浦春馬オフィシャルウェブサイトのスタッフレポートが更新されました!
http://www.miuraharuma.com/staff/?p=523

 

春馬くん、髪、伸びましたね~♪
そして、顔もひきしまった気がします。

 

稽古&番宣、雑誌取材と忙しい日々ですよね~きっと。
舞台公開初日まで、あと1ヶ月!!
 

「はなまるマーケット」では夜ご飯はお酒を飲みに行って
そこで済ます、って話してましたが、
疲れが残らないかちょっぴり心配です。


きっと全てに手を抜かず、一生懸命なのだろうなぁって
思いますし、それが春馬くんのような気がします。

「海盗セブン」出来たら何度も見に行きましょうね~^^
管理人も、お金、もうちょっと積み立てることにします。(雑誌購入はしばらくガマン)


※ 情報投稿掲示板にしのリンさんからスタレポ更新書き込みいただいてました!
  ありがとうございます♪ )^o^(

 



次の関連記事がよく読まれています。

人気記事

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. たいち より:

    管理人さま、お疲れさまです。
    いつも出演情報を頼りにさせて頂いてます。

    >髪、伸びましたね~
    三浦春馬くんの特異な点として、パブリックイメージの長髪でも、宮田モードの短髪でも、どのみち憧れの対象となりうる点だと思っています。

    舞台というのは、実力がモロに出る戦場です。
    それすらも余裕で乗り越えてきたと、これまで思っていたのですが・・・
    ホンネ日和の対談で、それは見事に打ち砕けましたね。
    最強の若手俳優、三浦春馬でさえも逃げ出したいんだって・・・
    だからこそ、僕らファンが与えてもらったパワーの分だけはお返ししなきゃって思うんです。

    今後も情報更新お願いします。
    できるだけ、応援して春馬くんに恩返ししたいんです。

  2. みやこ より:

    たいちさんのような男性ファンの存在☆
    『三浦春馬』さんにとって
    とっても大きいと思います
    ほかにもいらしたら
    遊びにきていただけると嬉しいです♪

    男優さんはもちろん
    女優さんたちも
    男前で
    キラッキラッオーラで芝居力ある役者さんたちのなかで

    あの繊細な彼が生き抜いていく姿が
    たまらない魅力です☆☆☆

    ホンネ日和で
    弱い部分を
    さらけだしたので
    もう怖いモノなしだとおもいます

    てっぺんの風景
    ずっと
    見続けてほしいです

    三浦春馬さんとの出会いに感謝☆☆☆

  3. ほのか@管理人 より:

    *たいちさんへ
    コメントありがとうございました~!
    男性の方からのコメント!すごく嬉しいです
    (にもかかわらず、バタバタして全然お返事できなくてすみませんでした)

    たいちさんから見て春馬くんは憧れの対象ですか?
    男性からそんな風に言われたらきっと春馬くんも嬉しいでしょうね。

    私のダンナさんも、「確かに三浦春馬は爽やかやわ」ってあのキラキラオーラを感じていたようでした。
    春馬くんは芸歴が長いから、はやくに「喪失感」というか「このまま役者やってていいんかな?」みたいな気持ちになったのかもですね~

    どんな若手俳優さんでも一度はそういう自分への問いかけみたいなものが訪れるような気がしますし、それを乗り越えたからこそ放てる輝きって絶対ありますよね~!

    私は春馬くんがホンネ日和で涙を浮かべた話を聞いて、(言い方は変ですが)すごく身近な存在に感じました。
    「こんな風に若くから才能を認められて、陽のあたる場所で活躍している子でも、私たちと同じように忙しさに疲れ、ふと自分のいるべき場所はここか?と考えたりして悩むんだ・・・」と。「特別な人間じゃなくて、悩んで努力して今の自分を築いてるんだ」と。

    偉そうなこと書いてしまってすみません。
    これからも一緒に応援できたら嬉しいです!

    熱い話、是非、雑スレなどでも語りにいらしてくださいね♪
    バースデーメッセージもお願いします!

    *みやこさんへ
    コメントありがとうございます。
    男性ファンからの声、嬉しいですよね~

    春馬くんの涙は、(私のような)年上女性からしたら「守ってあげたい」本能に駆られてもう一生ファンやめられないですね。(^_^;)
    みやこさんもきっと同じですよね~^^
    これからも、下からぐーーーーって支えててっぺんまで登れるよう応援していきましょうね♪
    (私は重たいので一番下の台座でいいです)


コメントをどうぞ

このページの先頭へ